MENU

髪の毛が抜ける原因と対策とは?

髪の毛抜ける女性の原因にはどんな理由があるのでしょうか。

 

そして髪の毛がよく抜ける時期や病気やストレスなどが関係しているのか、10代・20代・30代・40代などで抜け毛の理由が違うのでしょうか?

 

また、シャンプーや育毛剤やサプリなど、髪の毛が抜けるのを予防する方法があるのかも見ていきましょう!

 

髪の毛が抜ける

 

髪の毛というのは、健康な髪や頭皮の人でも毎日100本前後抜けるのです。

 

しかし、ふと気づくと朝起きた時に枕にたくさんの抜け毛がついていたり、シャンプーの時にごっそりと髪が抜けるのを経験したことはありませんか?

 

たくさんの抜け毛を見ると、剥げてしまうのではないかと不安になってしまいますよね。

 

では、なぜ髪の毛が抜けるのでしょうか?

 

そして抜け毛の予防方法にはどのような方法があるのでしょうか?

髪の毛が大量に抜けるのは病気の可能性も?

髪の毛が抜けるのは病気

 

髪の毛が突然大量に抜けるということには何らかの原因が考えられます。

 

その多くは、頭皮環境の悪化などが考えられます。

 

しかし、大量に髪の毛が抜ける場合には、病気の可能性も考えられるので注意が必要です。

 

ではどのような病気が考えられるのでしょうか?

 

円形脱毛症

まず、一部の場所の髪の毛がまとめて抜ける円形脱毛症が考えられます。

 

大きさには豆粒くらいのものから500円くらいのものが多いのですが、中には複数の場所に現れたり、全体にらがることがあります。

 

実は円形脱毛症の原因ははっきりとわかっていません。

 

自己免疫疾患とも考えられています。

 

鉄欠乏症貧血

次に考えれらるのが鉄欠乏症貧血です。

 

これは、身体の鉄分が不足することによって、髪の毛への栄養が運ばれにくくなり抜け毛に陥ってしまうのです。

 

膠原病(こうげんびょう)

そして最後に膠原病が考えられます。

 

これは、自己免疫疾患の総称で、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなども含まれます。

 

もしも、急に髪の毛の抜ける量が増えて、さらに体調に異常が続いているときには必ず病院を受診することをお勧めします。

髪の毛がすぐ抜ける原因とは?

髪の毛がすぐ抜ける原因

 

髪の毛というのは、健康な人でも毎日抜けるものですが、実は人によって抜けやすい人と抜けにくい人がいるのです。

 

では、髪が抜けやすい人にはどのような原因が考えられるのでしょうか?

 

遺伝

髪の抜けやすい人にまず考えられるのが、遺伝です。

 

髪質や抜け毛や薄毛には遺伝が大きくかかわっているので、家族や親せきなどで薄毛の人などがいるときには注意が必要です。

 

もちろん沢山の量の髪の毛が抜ける女性は遺伝だけではありません。

 

普段の生活習慣

普段の生活習慣も大きくかかわってきます。

 

まず考えられるのが、食生活。

 

髪の栄養になるものをしっかりと食べていなかったり、脂っこいものばかり食べていると髪の毛は抜けやすくなります。

 

ストレスや睡眠不足

次にストレスや睡眠不足、そして運動不足などでも髪に栄養が行き届きにくくなり結果、髪の毛が抜ける原因となってしまいます。

 

頭皮への影響

そして、直接髪や頭皮への影響も考えられます。

 

例えばカラーリングやパーマも髪が傷む原因として考えられますし、日差しの強い日に直接紫外線を頭皮が受け続けても髪の毛が抜ける原因となります。

髪の毛が抜ける女性は10代・20代・30代・40代で理由が違うの?

最近では男性だけではなく女性でも髪が抜けることで悩んでいる人は多いですよね。

 

しかも、加齢によるものだけではなく、若い人でも抜け毛に悩んでいる人も少なくないのです。

 

では、髪の毛の抜ける原因は年齢によってどのように違ってくるのでしょうか?

10代の女性

まず10代の女性の髪の毛が抜ける理由として考えられるのが、ダイエットやカラーリング。

 

この頃は一番おしゃれや見た目にこだわるころですよね。

 

特に体型を気にしてダイエットをしている子は多いと思います。

 

それが実は髪に栄養を行き届かなくし、髪の毛が抜ける原因となるのです。

 

さらに頻繁なカラーリングや脱色も抜け毛にかかわってきます。

20代の女性

次に20代の女性の髪の毛が抜ける原因ですが、この頃になると社会人となりなにかと目まぐるしく生活が変わりますよね。

 

一人暮らしをすることで食生活が乱れたり、夜更かしや社会でのストレスも抜け毛の原因となります。

30代の女性

次に30代の抜け毛の原因ですが、この頃になると、結婚・出産を経験する女性も増えてきます。

 

出産をすると、ホルモンバランスが一時的に崩れて産後の抜け毛に陥る人も少なくありません。

40代の女性

そして40代に入ってくると、加齢による原因が増えてきます。

 

女性ホルモンの減少の影響は、体調の崩れだけではなく、髪へも影響していきます。

 

このように、女性の髪の毛が抜ける原因は年齢によって移り変わっていくのです。

髪の毛がよく抜ける時期ってあるの?

髪の毛というのは、特に髪や頭皮に問題がなくても毎日一定量抜けるのです。

 

しかし、特に何も問題がなくても髪の毛が抜ける量が増えてしまうことがあります。

 

不安に思うかもしれませんが、これは以上でも何でもないので心配いりません。

 

それには、季節と髪のサイクルがかかわってきます。

 

まず、特に問題がなくても髪の毛が多く抜けるのは季節がかかわってきます。

 

よく動物は季節によって毛が抜け変わりますよね。それと同じように人の髪の毛も春と秋に一時的に抜ける量が増えるのです。

 

そして次に考えられるのが髪のサイクルによるもの。

 

私たちの髪は成長期・退行期・休止期・脱毛というサイクルを繰り返しているのです。

 

この中で脱毛の時期になるとどうしても髪の毛が抜ける量は増えてしまいますが、これは自然のことなので特に心配はありません。

髪の毛が抜ける原因はシャンプーかも?

髪の毛が抜ける原因はシャンプー

 

特に女性なら毎日のシャンプーは欠かせませんよね。

 

しかし実はそのシャンプーが髪や頭皮に悪影響を与えて髪の毛が抜ける原因となってしまっていることも考えられるのです。

 

では、どのようなことが原因となるのでしょうか?

シャンプーが自分の頭皮にあっていない

まず、シャンプー自体が自分の頭皮にあっていないことが考えられます。

 

シャンプーには洗浄力の強いものもあります。

 

洗浄力が強いとしっかりと汚れを落としてくれるのですが、逆に頭皮への刺激が強すぎて、それが頭皮へ悪影響を与えて抜け毛につながっていくのです。

シャンプーの方法が間違っている

そして、シャンプーの方法にも髪の毛が抜ける原因につながることが考えられます。

 

例えば、毎日頻繁に髪を洗うのも頭皮の乾燥や刺激への悪影響を与えてしまったり、しっかりとシャンプーを落としていないのも頭皮の乾燥へつながり髪の毛が抜ける野です。

朝シャン

さらに、一時期流行った朝シャンプーですが、これも頭皮へはあまりよくありません。

 

朝は忙しくすすぎが不十分になりがち、さらにしっかりと乾かさずに外出してしまうとそれも頭皮へ悪影響を与えてしまいます。

 

このように、シャンプーやシャンプーの仕方が髪の毛が抜ける原因となってしまうことが考えられるのです。

髪の毛が抜けるのとストレスとは関係があるの?

髪の毛が抜けるのはストレス

 

髪の毛が抜ける原因には様々なものが考えられます。

 

その一つがストレスなんです。

 

髪の毛が抜ける原因がストレスというと、真っ先に思い浮かべるのは円形脱毛症という人もいると思います。

 

しかし、それだけではなく、ストレスによって普段よりも全体的に髪の毛の抜ける量が増えてしまうこともあるのです。

 

ではなぜ、ストレスが原因で髪の毛の抜ける量が増えてしまうのでしょうか?

 

それはストレスによって引き起こされる身体の異常が考えられます。

 

人はストレスを受けると様々な体調の異常が発生します。

ストレスで血流が悪くなる

その一つが血流が悪くなるということ。

 

血流が悪くなると、頭皮や髪にしっかりと栄養が行き届かなくなり、結果髪の毛が抜けるのです。

ストレスで大量に亜鉛を消費

そのほかにも、ストレスを受けると人は大量に亜鉛を消費します。

 

そうなると髪に十分に亜鉛が供給されなくなり、抜け毛につながっていくのです。

髪の毛の抜ける量や本数は、どのくらいが正常なの?

髪の毛は、たとえ髪や頭皮が健康な状態でも毎日のように抜けていきます。

 

しかし、実際には何本くらい抜けるのが正常な状態で、逆にどのくらい抜けてしまうと異常なのでしょうか?

 

人の1日の髪の毛の抜ける本数は、その人や季節などによって違ってきますが、だいたい100本前後だといわれています。

 

人によって50本くらいの人もいれば、250本くらい抜けてもそれが普通だという人もいるのです。

 

気になる人は、髪の毛を100本がどのくらいか見てみるといいでしょう。

 

そしてそのくらいの髪が抜けていても特に問題はありませんので安心して下さい。

 

ただ、普段よりも

  • 見た目で明らかに抜け毛の本数が多かったり
  • 抜け毛の量が多すぎたりする場合

には何らかの原因が考えられます。

 

その場合には、どのようなことが原因で抜け毛が増えているのかを知り、改善していくことが必要です。

髪の毛が抜けてしまうときの予防方法とは?

髪の毛が普段よりもたくさん抜ける場合には、何らかの原因が考えられます。

 

では、髪の毛が多く抜けないためにはどのように予防したらいいのでしょうか?

 

髪の毛が抜ける原因には様々なことが考えられます。

 

そうならないためにはその原因をあらかじめ改善しておくことが大切なのです。

栄養をしっかり摂る

まず必要なのは、髪に必要な栄養をしっかりと取ることです。

 

そしてしっかりと睡眠を取り、ストレスをなるべくためないようにすることも髪や頭皮に栄養を行き届けるためには必要なことです。

 

そして次にホルモンバランスを整えることも大切です。

規則正しい生活をする

特に女性なら加齢や妊娠などにより、ホルモンバランスが崩れ、それが髪の毛が抜ける原因につながっていきます。

 

規則正しい生活をすることでしっかりとホルモンバランスを整えることも大切です。

 

そして正しいシャンプー選びやシャンプー方法、そしてカラーリングやパーマも控えることも抜け毛予防になります。

 

まとめ

髪の毛というのは、体調に大きく左右されるもの。

 

栄養不足やホルモンバランス、そして頭皮環境の悪化などによってもすぐに髪の毛が抜ける原因につながってしまいます。

 

そうならないためには、常に頭皮環境を健康に整え、そして体調管理もしっかりとしていくことが大切になってきます。

 

もしも髪の毛に異常な抜け毛があった場合には、必ず何らかの原因が考えられます。

 

髪の毛が抜けるのは身体からのサインだと受け止め、しっかり原因を知り、改善をしていくようにしましょう。